ユーロの扱われ方

FXで、アメリカドルに次いで2番目に取引量が多い通貨がユーロです。市場ではユーロ/米ドルの取引が世界で最も多くなっています。それだけに、投資家が米ドルを買うときはユーロが売られ、米ドルを売るときはユーロが買われることが多く、ユーロは米ドルと反対の動きをしやすくなります。ユーロの取引を行うときには、ユーロ加盟国の中でも、特に経済規模の大きいドイツやフランスの失業率やGDPといった経済指標にも目を配っておくとよいでしょう。
ユーロは対円や対ドルで上昇を続けているために、それから下落するリスクはありますが、政策金利が米ドルに比べて高いことや、情報が比較的手に入れやすいことから、取引は比較的容易です。ECB(欧州中央銀行)が決定した政策金利がユーロ圏全体の金利となるため、ユーロに投資を行う際にはECBについての情報をチェックしておくといいでしょう。