有事のスイスフラン買い

FXでは「有事のスイス買い」という言葉があります。永世中立国であるスイスフランの値動きが安定していることからです。スイスはEUには加盟していませんが、経済的にはEUと密接に結びついているため、スイスフランの値動きはユーロの値動きと連動する傾向があります。

 

FXでユーロ/スイスフランを取引している人は少ないかもしれませんが、ドル/スイスフラン、また、スイスフラン/円を取引している人は、スイスフランおよびスイス中央銀行の動きを見るために、ユーロ/スイスフランに注目しておくといいでしょう。また、その他の通貨を取引している人でも、為替相場が大きく動いてしているときにドル/スイスフランの動きを見ると、その時の変動がアフガニスタン暴動などの地理学的問題により資金がシフトしているのか、それ以外の原因で変動しているのか判断するのによい材料となります。